ちなみ数学弱い方のため参考データ:第15代第16代血縁関

ちなみ数学弱い方のため参考データ:第15代第16代血縁関係ある可能性95%そて第16代第17代血縁関係ある可能性95%すべての代間の血縁関係95%仮定た場合110代間あく血縁関係ある可能性0.35%下ります。実在性高い最初の天皇言われる「第15代応神天皇」「第126代である現天皇」血縁関係ある可能性どれくらいある思か 0.5%以下だ思
天皇家であろう、不倫、不義、赤子の差替え、系図の誤伝承、などいろいろ起きれば、100代以上先で実際の血縁関係ある可能性などゼロ等いよね

ちなみ数学弱い方のため参考データ:第15代第16代血縁関係ある可能性95%、そて第16代第17代血縁関係ある可能性95%、すべての代間の血縁関係95%仮定た場合、110代間あく血縁関係ある可能性0.35%下ります

当時の男系の原理は「妻が生んだ子は夫の子」なのです。男系の親子の血縁を証明する手立ては全く無かったわけです。親子鑑定なんてのはここ20年程度の技術。血液型でさえ明らかになったのはそれほど昔の事では無い。統計的にはお説の通りだと思います。日本の法律では、五代離れたら、他人になります。1/2^100=8.0×10^-31ですよ。0.5%ではありません。血がつながっていても他人ですよ。途中が切れていないことを証明出来なければ 0%にしかならない126代いるうちの天皇直系の男子の妻が1人でも別の男と子供を作ってたらもう0%になってしまうので私はほぼ0%だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です