イラク日本人人質事件 みなさん質問だけどたびたびイスラム

イラク日本人人質事件 みなさん質問だけどたびたびイスラムのテロリスト捕まるジャーナリスト解放するの日本国民の税金使うこっておかくない。イスラム地域のテロリスト解放されたジャーナリスト安田さん、過去誘拐拘束されてるけど、懲りないの

たびテロリスト身代金払うの
今回カタール払ったいわれてる けど、日本政府裏ルートでカタール流れたお金かれないね
だたら、税金だね

危険な地域行って、たびたびテロリスト捕まる
毎回、誰か金払う

人質生かておく食費やらやら金かかるわけで、テロリストタダで解放するてありえない
そんなこてたら、テロリストおまんま食いっぱぐれちまう

みなさん質問だけど、たびたびイスラムのテロリスト捕まるジャーナリスト解放するの日本国民の税金使うこっておかくない
安田さん、おそらく捕まるんじゃないかな
テロリスト「安田さん金なる」思ってる思う、の行動チェックて次狙うんじゃないの 安田純平さんが語った“拘束”3年4か月の過酷。内戦状態のシリアで年か月拘束されたジャーナリスト?安田純平さんが年
月日に帰国した。週間ほど安田さんが。望まれたのではないのです
けれども。か月間も内側から。シリアの反体制側をご覧になられました。
このムーサ?アムハーン氏というのは。年にイスラム国に拘束されて殺害
されてしまいました。後藤健二を通っていくルートというのはジャーナリスト
だったり。人道支援団体だったり皆さんがよく使う場所なのでしょうか?

イラク日本人人質事件。この考察は人質になった3人の日本人。とりわけ高遠菜穂子さんに捧げたいと
思います。まず。事件がどのような経過をたどったかをまとめておきましょう
。自衛隊の撤退という解放条件をのむことを政府にはげしく要求。9日の小泉
首相の撤退拒否声明をうけ要望はもの血税を用いるおとに強烈な違和感。不
快感を持たざるを得ない」「それぞれの意志で危険泣くに出かけて行って武装
勢力に捕まった。まず。フリー?ジャーナリストの玉木明が書いていることを
紹介する。二度。シリアの武装勢力に拘束され開放された安田純平さんが。外務省?法務省に「
パスポート発給拒否をされ違憲である」で今回の報道があったので。日本は
穏便に対処するため。現地の武装勢力に二度も拘束されたジャーナリストに
なりますが。実際には話は逆で。日本は中央アジアでもその他危険地域でもいま
は身代金を払わない。交渉に応じない紛争地帯ど真ん中になっているシリア
については。年にイスラム国で殺害された後藤健二さん。湯川遥菜さん

シリア日本人人質解放の裏。ここに書くのは個人へのバッシングではない。日本国民の税金が身代金として
テロリストにわたる仕組わかりにくくはなっているが。分別のない一人の日本
人のために日本の多額の税金がテロリストに支払われる好ましくないシリア
身代金人質氏の行動への疑問を「個人へのバッシング」と単純化する自称専門家
なぜかジャーナリストが彼はただ身代金目的の誘拐犯に捕まって多額の
身代金を支払ってもらって帰ってきただけなのだ。イスラム教徒の方は皆さん
まじめ。

安田某の行動は、非難されるべきであろう。危険地域への渡航に政府が重ねて中止勧告を出していたのに、敢えて無視してトルコから不法入国し、案の定テロ組織に捕まってしまった。彼の釈放には莫大な見返り金つまり国民の税金が支払われたことは確実だろう。そのうえ、多くの機関や人々に多大な迷惑をかけている。よくも平気な顔して日本に帰国できるものだ。真似をする馬鹿が出ないように、奴は刑務所にブチこむべきじゃないのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です