デニー知事は 宜野湾市長辞職て沖縄県知事選挙出馬たら玉城

デニー知事は 宜野湾市長辞職て沖縄県知事選挙出馬たら玉城デニー知事敗れて落選。佐喜眞淳さんの現在の職業か
宜野湾市長辞職て沖縄県知事選挙出馬たら玉城デニー知事敗れて落選 選挙イヤー初戦は知事派勝利。日に投開票された沖縄県宮古島市長選は。玉城たまきデニー知事を支える
「オール沖縄」勢力が擁立した元の両市長選も。米軍普天間飛行場宜野湾市
の名護市辺野古への県内移設計画に反対する「オール沖縄」勢力と一方。
下地氏は「オール沖縄」勢力に対抗して県内の保守系首長でつくる「チーム沖縄
」の会長を務める。座喜味氏は年月の県議選で落選するまで県議会自民
会派に所属していたが。「オール沖縄」勢力が市政刷新を狙って擁立。デニー知事は。沖縄県議会。玉城デニー知事を支える県議会の与党は。共産党や社民党をはじめ
とする勢力。対する野党は自民党。国会とは正反対の構図だ。注目された今月日
の議員選挙では。与党が選挙前から議席は減らしたものの。辛くも過半数を維持
した。志半ばで倒れた父親の遺志を継ぎたいと。玉城を支持する与党の立場で
立候補した。与党が過半数を維持したとは言え。自身の地元で何度も応援に
入った沖縄市や普天間基地を抱える宜野湾市で与党の現職が議席を

沖縄統一選は30日の県知事選がクライマックス。辺野古新基地建設の是非を巡り。年以上にわたって世論が二分されてきた沖縄
県。年に入って基地建設に反対する立場である「オール沖縄」が支持する
現職名護市長が。建設推進の立場の自公が推薦する新人に敗れました。演説を
している候補者もいますが。沖縄の選挙で主流なのはノボリを持って通行して
いる自動車に向かって手を宜野湾市議選では県知事選挙への立候補に伴って
辞職した佐喜真淳前市長を支援する立場の候補者人全員が当選し。必勝期す菅首相。日米が返還に合意している米軍那覇軍港那覇市の移設先の沖縄県浦添市で
日。任期満了に伴う市長選が告示同県宮古島市長選で。支援した現職が敗れた
菅義偉首相にとって。連敗すればダメージは大きいが。勝てば。来秋の知事選に
向けた反転攻勢の足がかりになる。一方。玉城デニー知事は。表だって動けない
事情がある。米軍普天間飛行場宜野湾市の名護市辺野古移設を巡って対立
する政権と知事側双方にとって。まずは知事選に向けた「前哨戦」

盤石だった「オール沖縄」が揺らぐ理由。翁長雄志前知事の死去に伴う知事選で玉城デニー氏が当選してから30日で2年
となった。名護市辺野古の新基地建設阻止月の知事選。玉城氏は生前に翁長氏
が残した音声で事実上の後継指名を受け立候補。自民が擁立し政府。与党が全面
支援した佐喜真淳前宜野湾市長に約8万票大差をつけ。劇的な勝利を収めた。
19年2月の県民投票時に本紙などが実施した世論調査では支持率は約8割に
上り。県内で「オール沖縄」の強い存在感を示した。 ただ。ここへ来て沖縄知事選?ラストサンデー。沖縄県知事選で互角に競り合う佐喜真淳氏右と玉城デニー氏=23日。沖縄
県宜野湾市選挙戦は事実上の一騎打ちで。序盤でリードした玉城氏を佐喜真氏
が追い上げる激戦となっている。23日は佐喜真氏の辞職に伴う宜野湾市長選も
告示された。市長選に立候補したのは。ともに新人で無所属の前県高校PTA
連合会長。仲西春雅氏57=立民。国民。共産。自由。社民。

玉木代表。街頭演説で玉木代表は沖縄県知事選挙に立候補している玉城デニー候補について
「実は。2009年衆議院の当選同期。名前が同じ『たまき』なので。これまで
も仲良くさせて頂いた。とても人情味あふれる。素晴らしい人。

政治家でしょ●^o^●悪く言えば、ぷ?たろ?●^o^●まだ無職だと思いますが、自民党の県連幹部に収まったり、地元企業の理事とか顧問に収まるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です