マンション管理士 特定行政庁違反建築物の除却等命じようす

マンション管理士 特定行政庁違反建築物の除却等命じようする場合おいて過失なくて措置命ぜられるべき者確知するこできずかつ違反放置するこ著く公益反する認められるき者の負担おいて措置自ら行うこできる。マンション管理士の勉強て
法律関係言葉難くて、言葉一つ一つの意味理解できますいまいち頭の中でイメージするこできません

①不動産登記法
敷地権付区分建物ついての質県又抵当権係 る権利関する登記であって、敷地権生ずる前登記原因生じ、区分建物関する敷地権の登記後登記されるの、建物ついてのみ効力有する登記て登記するこできる

※具体的ような場合か 例あげて簡単説明お願います

②建築基準法
特定行政庁違反建築物の除却等命じようする場合おいて過失なくて措置命ぜられるべき者確知するこできず、かつ、違反放置するこ著く公益反する認められるき、者の負担おいて、措置自ら行うこできる

※者の負担おいて措置自ら行うこ~、者誰のこか 「措置命ぜられるべき者確知するこできず」違反建築物の管理人?所有者?占有者等わないいうこでないのか

以上二点のの回答お願います マンション管理士。問 違反建築物等に対する措置に関する次の記述のうち。建築基準法の規定
によれば。誤っているものはどれか。3 特定行政庁は。違反建築物の除却を
命じようとする場合において。過失がなくて当該建築物の除却を命ぜられるべき
者を確知できず。かつ違反の放置が著しく公益に反すると認められるときは。
その者の負担において当該建築物を除却することとする場合において。過失が
なくてその措置を命ぜられるべき者を確知することができず。かつ。その違反を
放置する

①どこから説明しましょうか??まず我国で不動産というのは土地と建物ですが本当は他にもある、別々の存在なんですそうだとすると、売買も抵当権の設定も「別々」にやらなきゃならない今でも古いマンションだとそうですそれでは不便ですし、マンションにとって「敷地の利用権をともなわず建物だけが売られてしまった」分離処分といいますとか起きてしまうと厄介ですそこでマンションについて建物部屋とその敷地の持分を一体で処理する方法として考えられたのが「敷地権の登記」ですこれによって建物部屋とそれに対応した土地の持分に「別々の抵当権等の登記」をする事は禁止されました??とここまでが前提しかし文中にあるように「敷地権の登記が生ずる前に登記原因が生じたものは」、例外的に別々に「建物についてのみ効力を有する登記として登記することができる」の意味です②その者の負担において所有者です文の意味としては、行政が一生懸命に過失なく所有者を探してもわからない時は、「今はわからないけど、将来「その者」がわかった時は請求するとして」その措置を自ら行うことができる。との意味です?しかし、宅建やらマン管は難しいな基礎をやらずに表面だけやるから特に②については請求債権を持つ感覚がおわかりになるか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です