信号のない横断歩道 車来ない赤信号で無視て平気横断歩道渡

信号のない横断歩道 車来ない赤信号で無視て平気横断歩道渡る人『車来る来ない関係ない。赤信号必ず守る の氏例え交通量少ない道の信号できちん守ります 車来ない赤信号で無視て平気横断歩道渡る人、『車来る来ない関係ない 赤信号渡る罪悪感半端ない』言 の几帳面すぎか 交通安全年間スローガン。全日本交通安全協会会長賞, つくろうよ 事故ない未来を ぼくたちで全日本交通
安全協会会長賞, 手を挙げて 車にアピール 「渡ります!」佳作, ルール無視
子どもが見てる その行動内閣府特命担当大臣賞, わたろうか 迷う気持ちは 赤
信号佳作, きっとくる 見えないカーブの 向こうから佳作, 渡るまい おとなの
違反 真似しない佳作, 青信号 ほんとに車 こないかな佳作, 急いでも 次の信号
で また一緒佳作, ちゃんと見て きちんと渡ろう 横断歩道車が来ても 来なく
ても

ここの歩行者は“横断不感症”。長山先生。また。この道路のように道路を好き勝手に横断する人が多いと。
それにつられる人も出てくる危険性があります。赤信号でも交差点を渡る歩行
者がいて。皆が渡るところで一人だけ信号を守っていると。心理的に何とも言え
ない不安定な赤信号を無視して渡る人が大多数を占めれば。ルール的には
間違った行動にもかかわらず。“皆が行っている行動をそうしないと精神的に
疲れてしまうようで。その行動が正しいかどうかは関係なく。人は社会規範から
外れた行動は信号のない横断歩道。朝の出勤中。男性が運転する車が前方に信号のない横断歩道を渡る人を見つけ。
停止しようと減速。なく小中学校の通学路にある横断歩道か所で行われ。
歩行者にふんした警察官が横断歩道を渡ろうとした際に右から来る車が一時
後続から車が来ておらず。自車が通り過ぎれば歩行者は渡れると思うから」
信号のない交差点の横断歩道を渡っていても。路線バスが曲がって来て怖い思い
をすることがよくあります。無視して通過する車もおりますが。その場合は
諦めます。

自転車。子供から大人まで。誰にでも気軽に利用できる自転車ですが。自転車は軽車両
です。車の通りが少ないからといって赤信号を無視して渡ってしまう方も多い
と思います。特に交差点ではない直線道路の信号では歩行者が横断歩道を渡っ
ている間を平気で横切ったりして。守るべきものとすら思っていない感じすら
基本はみんな正しい方向を走っているという大前提のもとに左側の車道を走っ
ていますから。逆走してくる自転車に対しての反応は当然遅れてしまいクルマの来ない横断歩道で何故信号が青になるまで待つの。青信号を見て横断歩道を渡りかけたら。ライトを消した車が信号無視で突っ込ん
できた。フランス人のサッカー日本代表監督であったトルシエ監督は。「
どうして日本人は。赤信号だというだけで。明らかに車の来る気配のない横断
歩道を渡ろうとしないんだ?信号なんて関係なく渡る大阪は日本じゃないのか
?普段は平気で渡るが。さすがに子供の目がある時は信号に従うわ。

車が来ないときに赤信号を無視して渡ってよいかという難しい問題。確かに赤信号を横断することは法律に違反することだろうから。よいことでは
ない。目の前の横断歩道を渡って向こうに行きたいが信号は赤だ。つまり。
日本人の場合。結局は赤信号のときは横断してはいけないという法律を守るか
守らないかということになってくる。決して赤信号を渡ることを推進するの
ではないが。渡っても罰則を受けないのなら。車の全く来ないとき赤いま世間で問題視される「乱横断」。いま横断歩道のないところを渡る「乱横断」が問題視され。テレビ番組などでも
よく取り上げられる。クルマが来ていなければ渡っても平気なのではと考える人
も多いが。本当の問題はそこではなく。左右を確認せずに横断する人が多いこと
にある。実際に筆者のまわりであった。幹線道路の交差点で信号無視をして
対向車の影から突然飛び込むように出て来た歩行者に当たった事故は。対で
歩行交通弱者を振りかざし赤信号でものんきに横断を続ける歩行者!

こんな時は赤信号でも堂々と進んでOK。あるいは左折しようとして停止線を超え。横断歩道手前で歩行者が渡りきるまで
停止していたら。歩行者用信号を無視して自転車が強引に横断歩道を渡り。また
たくまに正面の信号が赤に! こんな場合。そのまま進んだら。ドライバーも歩行者もリスぺクトが足りない:。きょうはクルマを運転していても。明日は同じ道を歩行者として通るかもしれ
ない。ヨーロッパでは人が道路を渡る時は。全ての方角から来る車が赤信号で
止められることが多い。つまり。ところが。日本ではゆっくりなのに平気で
追い越し車線を走る人が非常に多く。3車線でも遅い人が真ん中の車線を走っ
ています。車が来ない短い横断歩道で青になるまで待たない人は極少数でした
。歩道を歩いていても。ぶつかって平気な顔をして通り過ぎる若者達。

私もそうですけど。ただ自分のことを几帳面だなどと思ったことはありません。何かを意識せずに行っている「私にとっては」普通のことです。そしてそういう人に対して「融通がきかない」などと言う人は一定数います。「自分の判断で法律を犯す自分かっこいい」と考えるのも田舎のDQNみたいで逆にかっこ悪いと思うんですけどね。私が渡らないのは自分に対する矜持です。その姿を見る小さな子供がいるかもしれないと意識もしています。「赤信号なんだから渡っちゃダメだよ」「でもあのお兄さんは渡ってるよ?」「このおじさんは渡らずに待ってるでしょ?」私は「このおじさん」でいたいです。信号無視など当たり前という彼氏よりよほど信頼できるような気もしますけど。あなたがそれを「真面目すぎてつまらない」と思ってこのような質問をしているなら仕方ないです。あなたがそういう人だというだけのことですから。当然歩行者の時の話ですよね?几帳面というか、馬鹿正直。もちろん馬鹿正直ってのは、良い意味では使われません。こういうカテだから、擁護する人が多くいますが、世間一般では少数派です。悪い意味で日本人的、外国人からみたらアンビリーバブルな行動でしょうね。几帳面というより融通が聞かない。ある意味、つまらない男。冒険しないから、真面目でいいけど、女性には物足りなくなるだろう。たまには、いきなりラブホくらいがよい。道幅が狭くて殆ど車の通らないようなところの信号はたまに渡ってしまう事はありますが、私も基本的にはクソまじめな方でたいがい赤信号では止まります。そしてそんな私の横を親子連れや小学生が平気で無視して渡って行ったりしています苦笑彼氏さんの気持はわかります。やっぱり赤で渡るとなんか罪悪感がありますよ。いくら狭くて車の少ない場所でも。なので、几帳面すぎるという事はないと思います。むしろそれが普通は当たり前です。几帳面とは違うような…。小さい子どもが見ているかも知れないから、信号無視はしないに越したことはないでしょうね。いつか、渡れます…近いうちに^^私もそうですが、別に几帳面ではありません。単に青は進む赤は止まると決めておくほうがシンプルだからです。わざわざいちいち考えるほどのことではありませんから。真面目です。私は歩行者の場合、通りの少ない場所なら安全を確認して信号無視します。政治家等に向いている人かも?いいえ。それが普通。だけどおれは歩行者の時だけはたまに信号無視する。車や自転車だと怖くて信号無視なんか出来ない。単に「几帳面」とは違うと思います。悪い事では有りませんので、誤解の無い様に願います。彼氏の言葉に「罪悪感が半端ない」とありました。これは、ルールを守らない事への強迫観念かな?と感じました。但し、質問文の出来事だけで、病的か否かは言えません。参考まで。そういう方は割と沢山います。几帳面ですが、几帳面すぎることはないと思います。一般常識のある良人だと思います。当たり前の事なんですけどね。いるな??確かにな~~んにも車なんて来ねえのに「きっちり」信号守る奴????しかも田んぼ道で???????嫌がらせで「ほいっ!ほいっ!」って目の前で往復してやるんだ。「このじじいなぐったろか」ってえ思ってんだろうな、きっと????全然そんなことないと思います。それがルールなので、守るのは当たり前にすぎないです。あなたの彼氏さんはとてもいい方ですね。ちゃんとしている方なんでしょう。私が言うのもなんですが、大事になさってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です