光学ガラス 青色光対するガラスの屈折率赤色光対するガラス

光学ガラス 青色光対するガラスの屈折率赤色光対するガラスの屈折率{大きい?小さい?等い}。高校物理の波動の問題 青色光対するガラスの屈折率、赤色光対するガラスの屈折率{大きい?小さい?等い} 答え、解説お願います レンズの光学的特性。カタログに記載されている光学ガラスの屈折率は。特に記載が無い場合。
オレンジ色の光波長λ= に対する屈折率である青色の光は屈折率が
大きいため。大きく曲がり。一方赤色の光は屈折率が小さいため。あまり曲がら
ない。光の散乱?分散。光の進路に障害物があると。波長の短い光紫波は反射しますが波長の長い光
赤波は通り抜けてしまいます。この様々な波長を含んだ白色光を。ガラス
でできた三角形の角柱プリズムに通すと屈折によって様々な色に分離され
ます。光速が遅いということは絶対屈折率が大きいということであり。波長
によって速さが違うということは波長によって媒質が空気であれば。赤色波
も青色波も紫色波も同じ速さで進んでいきますが。媒質がガラスだったりすると
。屈折

光学材料?光学素子。反射率の波長依存 反射鏡の基板に用いる場合を除き。光学材料は目的とする
波長の光を透過する必要がある。屈折率を気にするのは全反射や導波を利用
する測定を行う場合で。その時には光学ガラスに対する多少の知識が必要となる
。光学ガラス。ガラスの屈折率やアッベ数は。システム設計の際の自由度として光学設計者が
参考にする代表的特性です。屈折率は指定波長これにより。屈折率が高いほど
レンズの球面収差の発生量がより少なくなるのに対し。屈折率が低いほど硝材内
を通る光がより速く伝搬します。また。アッベ数がアッベ数は。波長に対する
屈折率の変位量を定義し。光学ガラスの色分散に対する性質を表します。 アッベ

ID非公開さん答:より大きい真空中では、青い光も赤い光も同じ速さで進みます。ところが水やガラスなどの物質中を伝わるときは、真空中よりも遅くなります。そのために、光は真空中空気中から物質中に入るとき、進路が曲がります。これが屈折という現象です。さらに、青い光と赤い光を比べると、ガラスの中での速さは、青い光の方がより遅くなります。そのため、屈折の度合いも青い光の方が大きくなり、屈折率も大きくなります。そのために、自然光白色光がプリズムなどを通過すると、色によって微妙に曲がる角度が異なり、虹ができることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です