航海法とは なぜクロムウェル航海法制定たのか

航海法とは なぜクロムウェル航海法制定たのか。なぜクロムウェル航海法制定たのか 航海法とは。ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 航海法の用語解説 – イギリスが自国船
による貿易独占をはかった法律の総称。とくに年の通称クロムウェル航海
法,年の海上憲章,年の貿易促進法が重要で,これらの諸法令によって完成
した航海法体系は,重商この趣旨の法律は世紀以降しばしば制定されたが。
ピューリタン革命期の共和国政府の出した年のものがもっとも有名である。「王殺し」のクロムウェルが敷いた英国強大化の道筋。オリヴァー?クロムウェルと言えば。イギリスのピューリタン革命の立役者で
ある一方。国王チャールズ世を処刑イギリスが保有する船は。年の万
トンから。航海法制定の年後の年には万トンへと

航海法。航海法 1651年。イギリス?クロムウェルの時に制定された自国の利益保護の
ための貿易統制法。イギリスに商品を運ぶのをイギリス船か産出国の船に限定し
。事実上オランダの中継貿易を妨害しようとした。反発したオランダとの間イギリスが19~20世紀に大繁栄した真の理由。最初の航海法を制定したのは。ピューリタン革命の指導者として著名なオリバー
?クロムウェルである。航海法は。イギリスが輸入を行う場合。イギリスの船か
輸入先の船でなければならないと定めた法である。 実はイギリス航海法。権力を確立したクロムウェルは。貴族院を廃止して庶民院のみとし。
アイルランドを征服したほか。年には航海法航海条例を施行して
オランダの中継貿易を排除しようとした。このためにおこった第次イギリス?

>クロムウェルは航海法を制定したのですか?航海法は、クロムウェルが権力を握っていた時代に制定されましたが、クロムウェル本人が制定した法ではありませんでした。実は、航海法が制定された1651年に、クロムウェルはアイルランドからスコットランドに遠征を行っていた最中でした。1649~51航海法はクロムウェルの留守中のロンドンの議会が制定した法律でした。この時期のロンドンの議会は、ピューリタン革命中に長老派が追放された後の残部議会ランプ議会でした。航海法を望んでいたのは、イングランドの商人たちでした。17世紀において、オランダ商人は強力でイングランド商人は太刀打ちできない相手でした。そこで、議会に働きかけて、航海法を制定させたのでした。航海法の制定51がきかっけとなり、第一次英蘭戦争52~54が勃発してしまいました。クロムウェルは、同じプロテスタントのオランダとの戦争をあまり望んでいなかったようです。そのため、戦争に巻き込んだ原因を作った残部議会を疎ましく思い、議会を解散させました。53クロムウェルは議会を解散させて、護国卿に就任し53自分に権力を集中させ、さっさとオランダと講和してしまいました。54航海法の制定に関して、クロムウェルはそれほど乗り気では無かったようです。クロムウェルに無断で議会が制定したような形だったようですが、最終的にクロムウェルはこの法を廃止しませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です