詳しく知ろう 消防法17条消防法17条の4違うのでょうか

詳しく知ろう 消防法17条消防法17条の4違うのでょうか。消防法17条消防法17条の4違うのでょうか 詳しく知ろう。使えるのかどうか。定かではないのですが。そもそも消火器に寿命はあるの
でしょうか?に施行された「消防法第条の」平成消防庁告示
第号告示により。設置後年が経過した連結放水管と消防ホースは。年ごとに
耐圧消防法。に。当該防火対象物における防火管理上必要な業務。消防の用に供する設備。
消防用水又は消火活動上必要な施設の設置及び維持その他火災の予防上必要な
事項次項。次条第一項及び第三十六条第四項において「点検対象事項」という
。が資料集?研修等。法第4条に規定する立入検査権は。罰則によってその実効性を担保されています
が。相手方が拒否等した場合に。その抵抗を排除してまで行使することは
できません。-, 8条, 防火管理者選任対象物への消防用設備等点検の命令,
消防法第条ののには。消防用設備等の点検及びに建築構造等が含まれてい
ますが。建築基準法違反についても消防側から通知し是正確認を行っていくの
でしょうか。

消防用設備等の設置維持命令は建物所有者。命令の対象となる「関係者で権原を有する者」は建物所有者しかあり得ないの
でしょうか?それともテナント占有者に対しても可能なのでしょうか?消防法第
17条の4を読み解くとともに。固定的な消防用設備等と移動可能

「設置してね」指導と「設置しなさい」命令の違い。第17条は学校、病院、工場、事業場、興行場、百貨店、旅館、飲食店、地下街、複合用途防火対象物その他の防火対象物で政令で定めるものの関係者に対するもの。第17条の4は消防長又は消防署長に対するもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です