電力地中送電とは 架空送電線比較たきの地中電線路の一般的

電力地中送電とは 架空送電線比較たきの地中電線路の一般的な特徴関する記述て,誤っているの選択せよ.。架空送電線比較たきの地中電線路の一般的な特徴関する記述て,誤っているの選択せよ. a 変圧器等施設するためのスペース歩道など必要である b 台風や雷際て,架空配電線路事故発生くいため,供給信頼度高い c 線路の損壊事故発生た場合の復旧,架空配電線路の場合短時間で済む d 設備の建設費用,架空配電線路高額である e 架空設備地中化されるこ,街並みの景観向上する2級電気工事施工管理技術士の過去問「第43852問」を出題。需要場所に施設する地中電線路に関する記述として。「電気設備の技術基準と
その解釈」上。誤っているものはどれか。誤っています。 管路式では。電線に
絶縁電線を使用しません。一般的にはケーブルを使用します。 正しい
です

地中電線路の布設方式。地中電線路は電線にケーブルを使用して。管路式。暗渠きょ式。直接埋設式の
いずれかにより施設するよう。「電気設備技術基準?解釈」以下。電技解釈
というの第条に定められている。地下に暗渠一般に洞道と呼ぶを施設し
。この中に電力ケーブルを配置するもので。多条数布設の場合送電容量の低減が
少なく。またまた。最近主要都市で架空電線の地中化のため。路上
キュービクルと組み合わせて使用される。電力。通信の小型共同溝キャブもこの
暗渠式に含まれる。地中電線路の布設方式。また。電験三種の電力科目の試験で。実際に出題された地中電線路の布設方式の
過去問題も解説しています。地中電線地中送配電線の主な布設方式である直接
埋設式。管路式及び暗きょ式について。各方式の特徴に関する記述として。誤っ
ているのは次のうちどれか。架空配電線路と比較したときの地中配電線路の
一般的な特徴に関する記述として。誤っているのは次のうちどれか。

電力地中送電とは。今回は。電線を地中に通して送電を行う地中送電についてメリットやデメリット
。方式などを解説していきたいと思い最近では。地中に電線を通すは場合は光
ファイバや水道管など他の設備も一緒に地中化してしまうのが一般的です。
架空送電は鉄塔を用いて電線を地中から距離のある高所に設置する方式です。
東京など都市部では比較的よく採用されており。工事費は3つの方式の中で最も
高いです。地中送電は一般的な電線ではなくケーブルを用います。電験三種。我が国の電力ケーブルの布設方式に関する記述として,誤っているものを次の
~のうちから一つ選べ。そのため,将来的な電力ケーブルの増設を計画し
やすく,ケーブル線路内での事故発生に対して復旧が容易である。原則として
,直接埋設式→管路式→暗きょ式の順で保守性はよくなっていきますが,コスト
がかかるというのが特徴となります。 地地中送電線の布設方式」の通り,
直接埋設式は,管路式,暗きょ式と比較して,工事期間が短く,工事費が安いの
長所が

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です