2017年12月6日 有効期間2日以上片道100キロ以上

2017年12月6日 有効期間2日以上片道100キロ以上の乗車券途中改札でて大丈夫か。有効期間2日以上(片道100キロ以上)の乗車券途中改札でて大丈夫か いうこ100キロ未満の乗車券途中下車(改札出る)不可か 乗車券。営業キロがキロまでの場合と大都市近郊区間内のみをご利用になる場合の
乗車券は発売当日のみ有効ですが。キロ以上の往復乗車券の有効期間は。
片道乗車券の倍です博多~新下関間にかかわる往復乗車券の有効期間は。「
ゆき」「かえり」途中下車」とは。旅行途中乗車券の区間内の駅で
いったん改札口の外に出ることをいいます。各種学校の学生?生徒の方で。ご
利用区間の片道の営業キロがキロ以上ある場合。運賃が割引になります
往復割引乗車券新幹線。有効期限と相談して旅程を決めると良いでしょう。, ちなみに営業キロが
までの場合と。大都市近郊区間内のみを利用する乗車途中下車可能なきっぷで
あれば。有効期限は日以上あります。, 乗車券は一方通行です。これはが
定めた特定のエリア内の駅が出発駅?到着駅になっている場合。片道の営業キロ
が以上であれば「東京都区内」その場合も「自動改札機に通して大丈夫
です」と案内されることがあります。, 途中下車した駅から再び新幹線に乗る場合
は。

きっぷの効力有効期間?途中下車などについて。ますか? ?「途中下車」とは。旅行途中乗車券の区間内でいったん改札口
の外に出ることをいいます。 ?片道の営業キロがキロを超える普通乗車券は
後戻りしない限り何回でも途中下車ができます。大都市近郊区間内のみを
ご利用の場合 普通回数乗車券 「お得なきっぷ」一部を除く 特急券
。新幹線で途中下車ってできるもの。片道の営業キロが以上となる乗車区間の乗車券は。途中下車が認められ
ています。乗車券の有効期限は最短日営業キロ~から長くて
日営業キロ~,となるので。途中下車を含めた旅行知られざる「連続乗車券」。また。全体の有効期間が倍になり。利用する距離が長くなると運賃が割引になる
というメリットもあります。 片道乗車券と往復乗車券はよく知られていて。実際
に買ったことがある人も多いと思いますが。

途中下車:JR東日本。のきっぷの種類?発売日?有効期間や。学割?団体割引をはじめとする割引
料金。変更?払いもどしなど。きっぷ途中下車」とは。旅行途中乗車券の
区間内の駅でいったん改札口の外に出ることをいいます。片道の営業キロが
キロまでの普通乗車券 大都市近郊区間内のみをご利用の場合の普通乗車券
回数券 一部の, , 仙台 , , 古川 , , くりこま高原 , , 一ノ関 , ,
水沢江刺 , , 北上 , , 新花巻 , , 盛岡必ず泊以上の宿泊予約が必要
です。。往復乗車券は片道乗車券と比べて。有効期間が倍になる。キロを超える長
距離で割引価格になる。学割証の節約につまり。乗車券の途中の駅で一旦改札
を出ることができます。日間有効の乗車券であれば。途中で泊して行くこと
片道乗車券の有効期間はキロまでが日。キロまでが日。それ以降は
キロごとに日を加算されます。の「割引」はつ以上を重複して適用する
ことはできませんが。唯一例外的に学割と往復割引を重に適用する

途中下車。途中下車」とは。旅行途中乗車券の区間内の駅でいったん改札口の外に出る
ことをいいます。片道の営業キロがキロメートルまでの普通乗車券; 大都市
近郊区間内のみをご利用の場合の普通乗車券; 回数券; 一部のトクトクきっぷ; 特急新幹線で途中下車はできる。途中下車ができるきっぷの条件は。片道の営業キロが以上の普通乗車券
です。新幹線の改札口で見かける「枚重ねて自動改札機に入れてください」
というのは乗車券と新幹線特急券を同時に確認するためです。楽天カードは年
会費は永年無料で。円のご利用で円相当の楽天ポイントが貯まります。の
場合と。大都市近郊区間内のみを利用する乗車券は発売当日のみ有効です。途中
下車可能なきっぷであれば。有効期限は日以上あります。 有効期限

途中下車の可否は有効期間ではなく営業キロを基準にします100km以上ではなく101km以上が途中下車できるかできないかの境目になります大都市近郊区間完結の乗車券は例え101kmを超えていても途中下車できません。乗車券も当日限り有効です※例えとしていわき→上野→神田→新宿→松本という経路はゆうに101kmを超えていますが東京近郊区間完結になるため途中下車不可です常磐線方面の現在の東京近郊の最も北はいわきですが、今春より浪江まで拡大されますよって、今春からは浪江→松本の乗車券は在来線経由は距離にして500km超ですが途中下車不可能になります。しかも当日限り有効ですしかし、新幹線は原則として大都市近郊区間に含まれないので101km以上あれば途中下車が可能になります新幹線経由の乗車券でも新幹線に乗る必要はありません。新幹線が停まらない並行する在来線の駅でも途中下車可能です近鉄線内は、たとえJRとの連絡乗車券で有効期間2日以上であっても途中下車できません。逆に西鉄は、当日限りですが、18キロ以上なら運賃同額駅でなければ途中下車できます。途中下車の可否は、有効期間ではなく営業キロが基準です。ですから「有効期間が2日以上」を前段にもってくるのは、解釈としては間違いです。また、100キロ以上ではなく101キロ以上、100キロ未満ではなく100キロ以下、です。こういった規則に関する質問をするときは、用語を正しく理解するようにしてください。閑話休題>途中改札でても大丈夫ですか大都市近郊区間相互発着の乗車券でなければ、可能です。 >100キロ???途中下車改札を出る不可ですかそういうことです。JRの営業案内をよくお読みください。片道乗車券で有効期間が二日間有効なら101km以上で大都市近郊区間完結ではありませんので途中下車が可能です。規則上は「有効期間」ではなく飽くまで「営業キロ」ですよ、「途中下車」の可否は。で、片道101キロ以上の場合で、かつ「大都市近郊区間相互発着」ではない乗車券が「途中下車」可能です。片道100キロの乗車券は不可なお、東海道?東北?上越新幹線は「東京大都市近郊区間」に含みませんので、それらを経由する乗車券は「途中下車」可能です。但し、運賃は経路通りの営業キロで計算100km以下の普通乗車券は当日限り?途中下車前途無効なのでおっしゃる通り途中下車不可です。もう一つ、片道101km以上でも大都市近郊区間内では途中下車不可なのは事実ですが、この場合も有効期間は「当日限り」となります。例えば「いわき→松本」のように450kmを超えるような区間でも「当日限り」です。この件、私は個人的には「問題だな」と思っていますが…ただし、あなたの前提が「有効期間が2日以上」 と書いてあるので、これは「大都市近郊区間内相互発着の乗車券ではない」と判断できますから、回答としては「途中下車しても大丈夫です」ということになります。よかった、よかった。笑他の方とのやり取りを拝見して追記「よかった、よかった」では済まなかったみたい…苦笑都内というのがどこかわかりませんが、都内→高崎はどちらも大都市近郊区間内なので、101km以上ありますがふつうに買った乗車券では「当日限り?途中下車不可」です。ただし、東北?上越新幹線は「大都市近郊区間」に含まれません。なので、窓口で買う時、「新幹線経由の乗車券で」と申し出てください。その際、「特急券は?」と訊かれても買う必要はありません。それで乗車券は「新幹線経由?2日間有効」になるはずです。これで途中下車出来るようになりました。新幹線には乗らなくてもかまいません。ただし、発着駅が「山手線内→高崎」になっている場合、山手線内で途中下車すると即座に無効になってしまうので、そこだけは注意してください。追記その2aon***さんの指摘を受けて、「100km以上」を「101km以上」に、「100km未満」を「100km以下」に訂正しました。正確性を欠き、失礼しました。基本的にはその通りです。しかし、JRでは「大都市近郊区間」というものが設定されていて、東京、大阪、福岡、仙台、新潟の5都市のうち、どれか1都市の近郊区間内で経路が完結する場合は途中下車ができません。例えば、「熱海→東京→神田→塩尻→松本」という経路の乗車券は、明らかに距離が100km以上ありますが、東京近郊区間内で完結するので途中下車ができないことになります。東京、大阪、福岡、仙台、新潟のうち、どれか1つでも通る場合は注意したほうがいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です