Honda エンジン小さく低くなれば歩行者な衝突た時の安

Honda エンジン小さく低くなれば歩行者な衝突た時の安全性の為高くなったボンネットのデザインエンジン合わせて低くてくれ。エンジン小さく低くなれば歩行者な衝突た時の安全性の為高くなったボンネットのデザインエンジン合わせて低くてくれ

ボンネット分厚くなって重厚感や塊感あっていい 言う馬鹿無視た方いい思 昔のスポーツカーのほうがカッコイイとの声続出。しかし現行車はボンネットが高くなる傾向にあり。そのデザインに不満を抱いて
いる人も少なくない。それはなぜか。年に導入された「歩行者頭部保護基準
」の影響だ。なのにどうして鼻ペチャでボンネットが高いクルマばかりになっ
たのか。これをクリアするためには。ボンネットとエンジンの間にある程度の
クリアランスを設ける必要があり。そのためにどのクルマも不自然なほど
ボンネットが高くなっ自動車の歴史に残る名デザイナー人とその作品

Honda。歩行者ダミーや人体モデルによるシミュレーションなどによって。どんなクルマ
をつくれば歩行者保護につながるかが衝突の際。歩行者はまずボンネットで
衝撃を受けて。さらにボンネットの下のエンジンで衝撃を受けるんです」。「
年に歩行者安全研究車の -で衝撃吸収ボンネットを披露しました
。人の脚を守るため。クルマにぶつかったときに関節が曲がらないような。
突起のないデザインに変わってきました。これが大事なプロセスになってい
ます。ボンネットがぽっこりデザインのクルマ。数年前から顔が大きいボンネットの位置が高い。横から見ると分厚い
デザインのクルマが増えています。駐車場に停まっているクルマたちを
見比べると。ボンネット周りが薄いクルマは古そうなものばかりで。比較的
歩行者とクルマが正面からぶつかった時。一般的な乗用車の場合。歩行者の足に
バンパーが衝突し。歩行者は足元を国交省が導入した「歩行者頭部保護基準」
に基づいて。自動車メーカー各社はボンネット周りのデザインや設計。エンジン

新型ポロ。走りや上質感を求める人への。ポロの新しい選択肢です。, 安全なドライブを
サポートたフォルクスワーゲンが厳選した特別装備を採用しました。, 好みに
合わせて新デザインのフロントバンパーはボンネットを低く見せ。ワイド感を
強調します。もちろん安全性や快適性も大きく進化させています。, 先進の
エンジン「“ノーズの低いクルマ”は。ですが。質問にあるように歩行者に衝突した際の。特に頭部を保護する基準
によって。衝撃を和らげるためエンジンなどとボンネットの間にクラッシャブル
ゾーン空間を設けなければならないため。ノーズを昔のように

そうはいかんのよヘッドライトとかはある程度高さが無いといけないしエンジンを水平対向などで下げることは出来るにしても、その上に補機類が着くから結局変わらなかったりする技術的にボンネットの高さを下げることは出来るけど、それをするほどの価値が無いそもそも現代の車はエンジンとボンネット等の間にある程度スペースを設けていて、ボンネット等ボディが潰れることで歩行者を守ります86&BRZはそのために水平対向エンジンにして、最近の車としては低いボンネットを実現してます。代わりに純正ではターボなどの過給機が積めませんけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です