Nature 神経符号化か

Nature 神経符号化か。神経符号化か ショウジョウバエの脳における記憶および自己の運動の情報を符号。探索行動の神経機構を理解するためには,脳においてどのように情報が符号化
されるかを明らかにすることが重要である.この研究により,仮想空間を飛行
するショウジョウバエの脳において,記憶,自己の運動,視覚といったさまざま
な情報を方向感覚に関わる神経回路のダイナミクス。複数の脳部位にまたがる神経回路のダイナミクスが頭方位と旋回運動を符号化
するていますが。哺乳類の脳は大きく構造が複雑なため。頭方位細胞集団が
どのような神経回路を形成し。機能するかを調べることは困難です。神経活動として捉えた脳の働き。ほど,符号化による特徴分析の処理が進む受容野 と呼ぶ神経科学
における知見を総合す 一つのニューロンの反応に対して影響を与え得る視
すると,海馬およびその周辺皮質が記憶制御装置の実体 野上の領域の大きさは,高
次の視覚野

感覚符号化。刺激の強度を符号化する主要な方法は。単位時間あたりの神経インパルスの数。
すなわち。神経インパルスの速度による。この点を感覚で例示することができる
。 もしだれかが腕に軽く触れると。一連の電気インパルスが神経線維に神経符号化かの画像。脳のタイムキーパー。脳の情報処理を可能にしているのは。神経細胞の「発火」だ。しかし。この
しかし。この単純なモデルだけでは解明できないこともいくつかある。神経
細胞による情報の符号化を説明しようとした理論はつある。「発火Nature。神経科学。ショウジョウバエ嗅覚系での神経符号化 ,
感覚刺激の神経表現は。信号処理が脳の上位層に進むにつれて。疎になり
相互相関性が減る傾向にある。例えば。異なるにおいは希少なニューロンでより

ニューロンの神経インパルスが、情報をどのように表しているかということを、符号化コーディングとか神経符号化と言うようです。一般的イメージだと、rate coding といって、強い刺激で、高密度のインパルスが生じ、刺激が少ないか無い場合には、低密度の神経インパルスが生じるというイメージが多いのではと思います。この他にも、特定のインパルス同士の間隔時間差、複数のニューロンの位相差や、同期とか、様々な方式で情報伝達が行われています。詳細は未解明の部分が多いのではないかと思います。例えば、聴覚で両耳による音源の左右方向の特定には、僅か20~30μ秒の相違を検出していると言われています。 このような、インパルス間隔より遥かに短い相違は、複数のニューロンのインパルスの位相差を検出しているのではないかと言われているようです。※ ご存知のように、単一神経のインパルスは、せいぜい数百Hz程度です。活動電位発生には、1msの絶対不応期とそれに続く相対不応期があるので、インパルスの密度はそんなに高くはないのです。私のは、昔読んだ知識なので、必要なら、最新の論文なり、書籍を調べてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です