qGBN3 滑らかな斜面上小球斜面そって上向きの初速度加

qGBN3 滑らかな斜面上小球斜面そって上向きの初速度加えたころ小球斜面そって一定加速度で上昇2秒後折り返斜面下った。滑らかな斜面上小球斜面そって上向きの初速度加えたころ、小球斜面そって一定加速度で上昇、2秒後折り返斜面下った 加速度求めよ いう問題 添付た図 9/1=9m/s 12/2=6m/s なので1秒間速度-3されているので 加速度-3m/s^2間違ってい 考え方分ないので できれば、自分の考えのどういう所おかいか教えて貰えるありたい qGBN3。図のように。一定の傾きをもったなめらかな斜面上の点に小球を置き。斜面に
沿って水平方向の初速度 を与えた。として斜面上で水平方向に 軸を。
それと直交して斜面を下降する方向に 軸をとったとき。斜面を滑り落ちる物体
の 軸方向の 秒後の位置は。等加速度直線運動の式のうちの二番目の式より

物理基礎。始めてから何秒後か。また。 第 部 物体の運動とエネルギー 第 章 物体の
運動 特にこの章では。物体が 。 にあるのか。またどのくらいの
なで走っている。東向きを正の向きとして。それぞれの速度を答えよ。 ○等速
直線運動 等速直線運動??? 等速直線運動の式 ◇ 問 軸上を正の向きに
一定の速さ / で運動している物体が。時刻 に原点 を通過時刻=
になめらかな斜面に沿って上向きに速さ / で小球を打ち出したところ。

> 12/2=6m/s というのは、最初の2秒間の平均速度になります。> 9/1=9m/sが最初の1秒間の平均速度なので、中央時刻を考えて t=0.5s のときの速度と考える事ができます。そこで、1秒目から2秒目までの平均速度を出すと12m - 9m/2s - 1s=3m/sとなり、これは t=1.5s のときの速度と考える事ができるので、加速度は 3m/s - 9m/s/1.5s - 0.5s=-6m/s^2となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です